スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和太鼓

2011.10.21 *Fri
先月から子供達と母が和太鼓を習い始めました。

ボランティアで歌や日舞を披露し老人ホームをまわっている母は

和太鼓にはもともと興味はあったそうで、たまたま知り合った方の

お孫さんが太鼓を習っていると聞き、早速、孫達を引き連れて入会しました。

最初、母が興奮ぎみで話す和太鼓の話にあまり耳を傾けず

練習にもついていかないぐらいまったく興味なしの私でしたが

子供の頑張る姿を見ないで母親失格だ!と言う母の脅しに負けて行って来ました。

着くとまず先生に正座して頭を下げ「よろしくお願いいたします」と言います。

先生は文教女子大で和太鼓をされていた方でスラッとした綺麗な方。

とても太鼓をたたく感じにはその時は見えませんでした。

CA3F0590_convert_20111014142135.jpg
始め!と先生の声と同時に力強い太鼓の音が響き渡りました。

CA3F0589_convert_20111014142040.jpg
小さい頃からずっとやっている小学生のお兄ちゃん達

さっきまで友達とふざけて遊んでいたあどけない顔がガラリと変わって

キリッと勇ましい顔に。足を大きく開きどっしり構えて叩きます。

先生の叩く姿は群を抜いてすごい。華奢な体に力強いばちさばき。

はあ~~かっこいい!最高じゃないか和太鼓!

CA3F0588_convert_20111014141946.jpg

娘と息子くんにはボランティアのおじさんがつきっきりで教えてくれます。

結構さまになっているな~と感心してしまいました。

隅っこで暗~く叩く真似をしていた私におじさんがやりんさいと声をかけてくれました。

やった~!頑張るぞと意気込んでのぞむことに。

まず姿勢から・・足を広げてと言われ広げます。「まだまだ~」これぐらいですか・・・

「まだまだよ」どこまで開くんだ!?相撲取りの稽古かと思いました。

右手を下に左手を上に下から叩きます。

実際、笛にあわせてみんなで叩くとその速さとリズムについていけず

和太鼓の難しさを実感しました。でもそれ以上の楽しさが得られた瞬間でもありました。

ずっと黙って見物していた旦那さんに「初太鼓どうだった?」

て聞くと「旗振りが上手い警備員みたい」って。。。

もう!!腹立つ~!!絶対に脱警備員になってやる。

今週の日曜日は友達も誘って行って来ます。

きっと二人して旗振りかな。。。
スポンサーサイト
CATEGORY : 子供
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form

TRACKBACK

TrackBack List

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31



Copyright © おひさま木工のぽかぽか日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。